AIR

AIR

いつでもどんな時でもそばにいてくれるんだね…

夏。 海に近いちっぽけな町。一人の青年が、バスから降り立った。彼の道連れは、母が遺したちっぽけな人形。彼は手を触れずに、その人形を動かせた。母から受け継いだ「法術」という力。彼はそれを見せ物にして、旅を続けてきた。そして、この海辺の町で、青年はひとりの少女と出会った。

s
s